おまとめローン 銀行 ランキング

複数のローンを毎月返済していると、どの金融機関にいくら支払っているのか正直、管理するのが大変な作業です。

 

そうなると返済計画どころか、ローン返済残高が一向に減っていかない利子だけを払って元本返済が減らない方も多いのではないでしょうか。

 

そこでローンを1本にまとめると、金利が下げられたり、返済期間を伸ばしたりすることでができ、とても毎月のローン返済が楽になりますし、利子をどこに幾ら返済しているのがはっきり判るようになります。

 

もちろん、おまとめローンを利用する際には、なるべく低金利のところを利用するのは当然です。し、複数のローンを1本にまとめるのことは色々なメリットを生み出すのです。

複数のローンを一本化しよう!

おまとめローン

何軒もの金融機関でローンを組んでいると金利などがバラバラ
毎月の返済や返済合計金額が結構大変な額になりますよね
そこで複数のローンを一本化することでこんなメリットが!

  • バラバラだった返済日が月1日
  • 毎月の返済金額が一定
  • 返済方法も一括で管理できる
  • 返済の合計金額が安くなる

おまとめローン業者選びのポイント

おまとめローン

業者はたくさんあるけれど、どこでもいいというわけではありません。なるべく金利が低いところを選ぶ。また返済金額の、トータルで考えて、借り換える業者を選ぶ必要があります。

  • 店舗不要で無人契約機やネットでも利用可能
  • 直ぐに審査契約可能
  • 返済の手段が豊富で便利
  • 大手で知名度、信頼度がある
  • ちゃんと相談窓口があること

おまとめローンおすすめランキング

住信SBIネット銀行Mr.カードローン

  1. 申込時年齢が満20歳以上満65歳以下であること
  2. 安定継続した収入のあること
  3. 外国籍の場合、永住者であること
  4. 保証会社の保証を受けられること
  5. 当社の普通預金口座を保有していること(同時申込可)

 

  • 金利0.99%〜14.79%(*)
  • 最大利用限度額1,200万円(プレミアムコース)
  • 最短60分で審査完了
  • 借入時の手数料がいつでも無料
  • 審査回答は最短60分!

(*)2017年6月1日現在の適用金利です。

 

東京スター銀行おまとめローン

お申し込み時、満20歳以上、65歳未満の方、給与所得者の方(正社員・契約社員の方)、年収200万円以上の方

 

  • 年率5.8%〜14.8%(保証料年率1.2%相当を含む)
  • 毎月の返済額を軽減させる事ができます
  • 複数あった返済回数も月1回に
  • 無理の無い返済プランに調整可能
  • 来店不要!保証人も不要!
  • さらに手続きが無料だから嬉しい!

 

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」

満20歳以上65歳未満の方が対象・原則安定した収入がある方・パート、アルバイト、学生、主婦も可能

 

  • 最短30分審査回答!最短即日借入可!
  • 銀行口座開設不要。
  • ネットなら24時間365日お申込可能。
  • 金利は安心の年1.8%〜年14.6%、利用限度額はゆとりの最高500万円。
  • 全国当行・提携コンビニATM利用可能。
  • 借り入れ・返済ともATM利用手数料無料。
  • 入会金・年会費無料。

おまとめ専用ローンでなくても、銀行カードローンは原則使途自由なのでおまとめや借換え目的で利用できます

銀行のカードローンをお勧めする理由

借換えのための借入は、総量規制の例外になりますので、ノンバンクでまとめて借り換えることもできますが、やはり金利が高くなるので、月々の返済金額があまり減らない可能性もあるのです。ですから、まずは銀行のカードローンで借りることを検討すべきでしょう。どこもだめだったときにノンバンクも検討してもいいと思います。

 

 

マイナス金利で債務のおまとめチャンス到来!?

 

マイナス金利政策とは?

2016年1月29日に日銀の「マイナス金利政策」の導入が発表されました。これは、民間の金融機関が中央銀行である日銀に資金を預ける際の「当座預金」の金利を、2月16日以降は、一部マイナス0.1%にするというもので、現行の0.1%の金利が付いていたものが、マイナス0.1%の金利に引き下げるものです。

この政策により、私たちが預けている民間の金融機関が設定している預金金利が徐々に引き下げられてきました。まず同じようにマイナス金利になる事は無いでしょうが、将来的にマイナス金利政策のマイナス金利の幅が増えた場合は預金利息もひょっとしたらマイナスに傾くかもしれません。
まだ始まって間もない状態で、先の見通しはどうなるかは今の時点ではっきりと言えない所です。
ただ、住宅ローンなどでは一部の金融機関では金利の引き下げを行っています。

  • みずほ銀行住宅ローン:2016年3月の金利を引き下げ
  • ソニー銀行住宅ローン:2016年3月の金利を引き下げ
  • 住信SBIネット銀行住宅ローン:借り換えキャンペーンを2016年5月末まで延長
  • フラット35は2016年3月に最低金利を更新(楽天銀行・住信SBIネット銀行など)

おまとめに人気のカードローン

さすがに今の所銀行カードローンの、金利引き下げという美味しい話は聞こえてきませんが、考え方次第では今は複数の債務をまとめて借り換えるチャンスでもあるといえます。
なぜかといえば、銀行に幾ら預金していても殆ど金利が付かず、もう預金利息に期待が持てない状態だからです。
それならばいっそ、発想の逆転で預金金利が上がらない分を借りているお金の利息を下げる事で補完できればいいと思いませんか?

ローンの借り換えについてはこちらのサイトも参考になります。

月々の返済を楽にする借り換えにおすすめのカードローンランキング

今迄なんとなく数社からの債務を放置していた「あなた」今こそおまとめローンに借り換える事で、目減りしてしまった預金利息を少しでも安い金利のカードローンにまとめる好機ではないでしょうか?

おまとめに人気のカードローン記事一覧

おまとめローンにするメリットはなんでしょうか?おまとめローンに借り替えると次のようなメリットがあります・毎月の支払いが1回で済みますし、それにより手数料も安くなる・毎月の支払額が少なくなる・金利負担が軽くなる場合がある一両日中に一本化できるようなおまとめローンはありますか?おまとめローンの多くは借入金額がかなり多くなるため、各社の金利が低くなるように借入総額をまとめる場合、審査が数日〜1か月以上か...