銀行のカードローンのイメージは良い?それとも悪い?

銀行カードローンのイメージって良くないの?

キャッシングできるカードは色々あります。

 

有名なプロミスやアコムなどといった消費者金融のカードは誰でも知っています。

 

クレジットカードも今はほとんどがキャッシング機能がついていて、消費者金融のカードと金利などからいってもさして変わりません。

 

更に言えば、銀行のカードローンも同じようにATMからキャッシングできますから、性質的には同じです。

 

ただ銀行預金のキャッシュカードと一体となっているものもありますし、金利が低いという面ではかなり差異があります。

 

一半的なイメージとしては、どうなんでしょうか?

 

そのイメージや知っていること、について、まだ銀行カードローンを持っていない人に質問させていただき、アドバイスもさせていただきました。

 

Aさん 自営業 現在銀行のカードローンは持っていない

 

銀行カードローンには、審査が厳しいというイメージがあります。低金利は有難いですが、私のような自営業者は審査に通るのかと思ってしまいます。

 

消費者金融と比較すると、銀行カードローンは審査に時間がかかる感じがあります。

 

厳しい審査が行われるので、時間のかかるのはある程度仕方がないのかもしれません。審査が早く終われれば、銀行カードローンも使いやすいと思います。

 

審査の時に待っている時間は、宙ぶらりんの状態なので苦痛を感じてしまいます。

 

それでも、銀行カードローンに変えたいと思うこともあります。金利が安いので、支払いが楽になるでしょう。

 

今は信販系のクレジットカードを使っていますが、利子が18%と高めなので、支払いが大変だと感じることもあります。

 

銀行カードローンの場合は、その銀行に口座を持っていると、カードが作りやすいと聞いたことがあります。これはメリットの一つです。

 

カードを作らなくても、お金を借りらるようになるそうです。カードがあると、家族にお金を借りていることがばれてしまうことがあります。

 

お金を借りているのがばれにくいと安心感を持てるので、このタイプのカードに変えようと思ったりします。

 

郵便物や明細書も、ばれる原因になります。明細書はネットで見ることができるようにすれば、それほど心配ありません。

 

私が使っている信販系のクレジットカードでも、ネットで見ることができるようにしました。

 

でも、郵便物を来ないようにするのは難しいです。

 

信販系の今のカードだったら、カードの有効期限が切れる時に、新しいカードが送ってきます。

 

この時にばれないか心配になります。

 

銀行カードローンでカードを使わないで、お金を借りることができるのは魅力的です。

 

その前に、その銀行に口座を持つ必要がありますが、それほど面倒な手続きではないでしょう。

 

厳しいと言われている審査に通ったら、銀行カードローンも使えるようになるでしょう。

 

一度試してみようと思っています。

アドバイスコメント

 

やはり審査が厳しいというイメージがあるようですね。

 

ただし、自営業者の場合は、消費者金融でもそこそこ審査は厳しいですし、総量規制で50万円を超える契約では、確定申告書などの書類も入りますから、どちらて審査を受けるのも同じようなものです。

 

返済能力が十分あれば、どちらも審査に通りますし、今は銀行の審査が早いですから、遅くても3日前後のはずですので、そんなに待たされることはないでしょう。

 

消費者金融や信販会社名でなく、利用している銀行名で親展の郵便物が届くほうが家族にばれないですよね。

 

カードレスでネットで口座に振り込み融資をできたり、口座のキャッシングカードと一体型にすることもできますから、家族に知られたくないという点では、おっしゃる通り銀行カードローンが一番ですね。

 

それよりも、金利が低いことのメリットの方が、一時的な審査の心配よりずっと大きいので、作らないのはもったいないですね。

 

Bさん 会社員 銀行カードローンに悪いイメージのある人

 

銀行カードローンが増えていますよね。

 

テレビのCMでもたくさんのタレントさんが宣伝するのを見ますが正直、複雑な気分です。

 

銀行に対しても、銀行カードローンを借りることに対しても私のイメージが良くないせいだと思います。

 

私が持っているイメージはまず、銀行はつぶれてしまうと社会に影響が大きいため、公的な援助もいざとなったら受けられて、経営状態が良くなるとその利益は消費者に還元されることなく自分たちの利益にしてしまう、バブル崩壊した後の銀行のあり方に疑問を持っているのが一つの理由です。

 

貸したいときには審査は緩く、貸したくない時には審査が厳しいのではと勘ぐってしまいます。

 

ドラマなどでは貸してやっているという上から目線の態度で描かれているイメージをだぶらせていることもありますし、小説などではお金が余っていると借りてくれと頼んで、その会社の経営が厳しくなると無理にでも返済を迫るという悪いイメージがあるからです。

 

そのようなイメージから、銀行カードローンも同じように審査が厳しいイメージがあります。

 

銀行員さんにいままでの経歴などを聞かれたり、収入や仕事内容も確認され、偉そうな態度をされるような気がしてならないのです。

 

さらに以前のように消費者金融でゆるい審査で法外に高い金利を設定していたり、法の抜け道を通りながらお金を貸していたことがダブることもあります。

 

一方で、消費者金融と比較して見ると、銀行カードローンは反社会的組織とのつながりは少ないだろうとは思えます。

 

銀行がそのような組織とつながっていることが明るみに出れば死活問題となるでしょう。実際に本当に大丈夫か?

 

陰ではそのような組織とつながっていて、いざとなったら非常に厳しい取り立てがあるのではと、心のどこかで考えてしまうこともありますが。

 

もう一つ、銀行カードローンの悪くないイメージとしては消費者金融と比較してみると、ちゃんとした理由や収入、仕事などがあれば消費者金融と比べれば低金利でお金を貸してくれるのではと思えるのです。

 

銀行が法定金利ぎりぎりの高金利ばかりで貸付しているようでは社会的責任を負っている企業とは言えないのではないでしょうか。

 

銀行も最低限のモラルや一般の消費者を守ってくれる姿勢はまだ残っていると信じていたいところもあり、その点では銀行カードローンはどうしても困ったら最後には検討するかもしれないとは思っています。

 

アドバイスコメント

これは、ガードローンというよりも、銀行に対する不満といった感じです。

 

バブル崩壊後に起きた、銀行の不良債権問題の時に社会の中心的なところで働いていた年齢の方には、そういうイメージも残っているのだと思います。

 

ただ、人は生涯全く借金をしないで過ごすことはできません。

 

賃貸で一生暮らす人でも、車のローンや分割払いなどで、どこかで借金をしていることはほとんどです。

 

信販系で高利で借りている、やたらとリボ払いが素晴らしいような宣伝をして、高利で借金をしているに過ぎないことを意識させない等、

 

むしろ銀行以外の所でもっと金利を取られていることに気づいてほしいと思います。

 

そして、銀行以上に返済できなかった時など大変なことになるところがほとんどです。

 

もし緊急の時にお金を必要とした場合は、やはり銀行に頼るのが一番安全安心であることは、おそらく最後の言葉でわかっているのだと思います。

 

別に銀行を持ち上げる気も、借金を推奨するわけでもありませんが、教育資金が足りなくなったり、事故など急にお金の問題ができたときに、一番最初に頼るべきは日本政策金融公庫などの公的機関であり、その次が銀行であることを認識しておくべきでしょう。

 

もちろん、そのような機会が全くなく、お金に困ることなく過ごしていければそれに越したことはないのですが。

 

銀行カードローンのイメージについて聞いてみた関連ページ

カードローンとは何でしょうか?
そもそもカードローンとはいったいどういうものなのでしょうか?詳しく解説します!
「カードローン」と「キャッシング」の違いとは?
カードローンを利用する前に知っておかなければならない基礎知識を解説します
カードローンを借りるまでの手順
カードローンを利用する前に知っておかなければならない基礎知識を解説します
借りたお金の返済方法は?
カードローンを利用する前に知っておかなければならない基礎知識を解説します

収入証明不要人気ランキング 土日祝日融資人気ランキング 女性に人気ランキング 無利息人気ランキング 低金利人気ランキング