「カードローン」と「キャッシング」の違いとは?

カードローンとキャッシングの違いとは何でしょうか?
いまでは、カードローンとキャッシングを同じ意味合いで認識されがちですが、厳密に言うとお金の借り方や返し方に違いが有ります。
キャッシングはクレジットカードに付帯している融資機能を使って50万円ぐらいまでの金額を短期間で借りる小口融資のことで、1万円単位の少額から借りることができ、返済も翌月一括払いで返してしまう借り方を言います。なおクレジットカードとは、旅行などに多額の現金を持ち歩く危険を防止するためにトラベラーズチェックが変化した、ショッピングクレジットのために使用されるカードです。

カードローンは大口融資もあり、リボルビング払いで返済していく

カードローンの方は、数十万円から数百万円までの大口融資の借入をすることになります。
借入金額が大きくなるので、リボルビング払いと言う返済方法が多く、カードーローンの専用口座か普通預金の口座に毎月の返済を引き落とされることが一般的です。金利は借入金額が大きいカードローンほど低金利となり、借入金額が少額になると金利も高くなります。
>>リボルビング払いの詳細はこちら

審査が厳しいのは?

キャッシングとカードローンでは、カードローンが審査が厳しいです。
カードローンは基本的に金融機関が出しているローン商品で、借入金額も大きいということもありますが、
金利も低いからです。貸出金利の設定は貸し倒れリスクも考慮されていますので、金利が高いほど審査は甘く、逆に金利が低いということは、確実に返済可能かどうかを判断するため審査は厳しくなると言う事になります。