人気の三井住友銀行カードローンをご紹介!

ここが人気!三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

即日融資可能!日本3大メガバンクだから低金利・高限度額

三井住友銀行カードローン

実質年率4.0〜14.5%
最短30分で審査完了
提携ATMの手数料無料
限度額300万円まで収入明書不要

三井住友銀行カードローンとは

三井住友銀行は、三井住友フィナンシャルグループの銀行です。三井住友銀行カードローンは最短30分審査・最短即日融資可能! 極度額300万円以内なら、収入証明書の提出も不要です。 三井住友銀行に設置されているローン契約機や、電話・インターネットなどでも申し込めます。 借入や返済は、提携ATMが手数料無料で利用出来るのでとても便利でお得です!利用限度額は最高800万円という高限度額ですし、利用目的は原則自由(*)なので借り換えやおまとめローンにも利用可能です。

(*)事業目的には使用できません

三井住友銀行カードローン人気のポイント

即日融資可能

申し込み方法は、ローン契約機・電話・申込書郵送・三井住友銀行のインターネットモバイルサイトからの申込方法がありますが、即日融資を受ける場合は、電話で申し込んだその日にローン契約機に出向いて契約してカードを受け取るか、ローン契約機で申込んでカードを受取る方法が一番確実な方法です。審査回答時間、ローン契約機の営業時間ともに9時〜21時まで(土日祝も可)ですが、時間には余裕を持って出来るだけ早い時間に申し込みをするようにしましょう。カードを受け取ればすぐに融資が可能となるので、住友銀行ATMや提携ATMで利用手数料無料で融資を受ける事ができます。なお、銀行窓口では原則申し込みを受け付けていないので注意しましょう。

審査にかかる時間は個人差があり、申し込む時間によっては審査回答が翌日以降になってしまう場合もあります

三井住友銀行普通口座を持っており、「SMBCダイレクト(インターネットバンキング)」を利用していればインターネット上の手続きで即日振込融資が可能です

借り換え・おまとめローンに使える

公式サイトには「おまとめローン」としての案内はありませんが、総量規制(*)を受けない金融機関ですし消費者金融と比べると金利ではかなり有利ですので借り換えやおまとめローンにも充分対応していると言えます。契約極度額に対する借入利率は下記の通りですので、現在数社から借入をしている方や他の金融機関と金利を比較して借り換え・おまとめローンとしての利用を検討してみては如何でしょうか?

契約極度額に対する借入利率一覧

契約極度額

借入利率

100万円以下

年12.0%〜14.5%

100万円超200万円以下

年10.0%〜12.0%

200万円超300万円以下

年8.0%〜10.0%

300万円超400万円以下

年7.0%〜8.0%

400万円超500万円以下

年6.0%〜7.0%

500万円超600万円以下

年5.0%〜6.0%

600万円超700万円以下

年4.5%〜5.0%

700万円超800万円以下

年4.0%〜4.5%

借入利率は変動金利です。金融情勢等により金利を見直します。

(*)総量規制とは年収の1/3以上の貸付が出来ないと言う貸金業法の規制です

提携ATM利用手数料が無料!

三井住友銀行の口座を持っていないと、借入や返済は三井住友銀行ATMや提携ATMですることになります。他行のカードローンではATM利用手数料が掛かる場合があり、金利が付いた返済もしているのに小額とはいえATM利用手数料まで払わなければならないのは利用頻度が上がるたびにかなりの負担と言えます。その点三井住友銀行のカードローンは、三井住友銀行ATMはもちろん、セブン銀行・ローソンATM・E-netATM・ゆうちょ銀行などの利用頻度が高い提携ATM利用料が無料なのでとても便利でお得です。

三井住友銀行の銀行口座を持っていれば便利!
三井住友銀行の銀行口座を持っているなら「SMBCダイレクト」を利用する

住友銀行ホームページより「SMBCダイレクト(インターネットバンキング)」を申し込んで利用できるように手続きをしておきましょう。これにより三井住友銀行カードローンを利用する際に、SMBCダイレクトにログインした状態で申し込みをすれば、現在使っているキャッシュカードにカードローンの機能が追加されるので、ローンカードが発行される時間も節約でき、即日融資も可能性がかなり高くなりますし、カード1枚でカードローンも使えるようになるので大変便利です。また、SMBCダイレクトを利用することで下記のような便利なサービスを利用することが出来ます。

  • インターネットバンキング
  • 口座引落での返済
  • 利用状況をホームページ上で確認できる
  • 自動融資(*)

カードローン口座のみ契約の場合は、SMBCダイレクトは利用できません。

(*)三井住友銀行普通預金口座を返済用預金口座とした場合、その返済用預金口座の残高不足により、公共料金、各種クレジットカード利用代金(含む年会費)、その他の各種自動払いサービスの引き落としができない場合に、不足金額をカードローン口座から自動融資します。なお、自動融資の申込は、三井住友銀行本支店の窓口またはローン契約機(ACM)での手続が必要です。
ただし、以下のものは自動融資の対象外です。

  • カードローンの毎月のご返済
  • 約定返済日当日の日中に発生する口座振替
  • 返済用預金口座から支払可能残高を超える預金の引き出し
  • 返済用預金口座から積立定期へ自動振替する等の預金間の振替
  • 投信自動積立による返済用預金口座からの自動引き落とし
三井住友銀行の銀行口座を持っていない

返済方法は他行からのインターネットバンキングによる返済には対応していないので、住友銀行ATM・提携ATM(手数料無料)もしくは振込み(手数料は利用者負担)に限られ、住友銀行口座がないと上記のように便利なサービスが利用できません。三井住友銀行カードローンの利用を考えてる方には口座の開設をお勧めします。

三井住友銀行カードローンの上手な利用法は

三井住友銀行口座を作って「SMBCダイレクト(インターネットバンキング)」を利用しよう!

三井住友銀行カードローンを上手に利用する一番の方法は、なんと言っても三井住友銀行口座を作り「SMBCダイレクト(インターネットバンキング)」を利用することと言えます。ローン専用カードを作ることなくカード1枚で利用することが可能で、インターネット上で即日振込融資も可能となり、口座引き落としの返済が可能となる事でうっかり返済し忘れることも回避できます。またSMBCダイレクトならではの便利なサービスも利用できるので、他行からメインバンクへ切り替えることを検討される事をお勧めします。

ページ上へ戻る | HOME

三井住友銀行カードローン関連ページ

オリックス銀行カードローン
人気のオリックス銀行カードローンをご紹介します!。
みずほ銀行 カードローン
みずほ銀行の人気があるカードローンの理由を解説します。
ジャパンネット銀行ネットキャッシング
ジャパンネット銀行ネットキャッシングカードローンの人気があるを理由を解説します。
住信SBIネット銀行Mr.カードローン|驚きの低金利!
人気がある住信SBIネット銀行Mr.カードローンをご紹介します。
イオン銀行カードローンBIG
人気のイオン銀行カードローンBIGをご紹介します。
じぶん銀行カードローン
人気があるじぶん銀行カードローンをご紹介します。
新生銀行カードローンレイク
人気の新生銀行カードローンレイクをご紹介します。
新生銀行カードローンレディスレイク
女性に人気新生銀行カードローンレディスレイクを解説します。
三菱東京UFJ銀行カードローン
数ある銀行カードローン業者の中から厳選した業者をご案内します。人気がある三菱東京UFJ銀行カードローンの理由を解説します。
楽天銀行スーパーローン(カードローン)
人気がある楽天銀行スーパーローン(カードローン)をご紹介します。
りそな銀行カードローン
人気のりそな銀行カードローン「プレミアムカードローン」と「クイックカードローン」をご紹介します。
ソニー銀行カードローン
数ある銀行系カードローン業者の中から厳選した業者をご案内します。人気があるカードローンの理由も解説。

収入証明不要人気ランキング 土日祝日融資人気ランキング 女性に人気ランキング 無利息人気ランキング 低金利人気ランキング